ライブ配信vol.1 〜Be Here Now〜 制作秘話 No.4

アーカイブが上がるまでの2週間。全曲解説!

あのライブ配信の裏側。。。。 どんなことが起こって、どんな意味があったのか。お楽しみください♡


M-4 南相馬組 ダンスコンテストユニット & puck up class

今回の配信は、南相馬で音を流して、音と動画を配信用の特別な機械を通して杉並に送り、 それに合わせて杉組が歌い、踊る。 その遅延は0.6秒に抑えたシステムを構築していただきました。

1秒を切る遅延で、300kmを繋ぐシステム。

そんなシステムを構築してくれたのは、(株)ボルデの皆さん。 ちょうど、南相馬のお祭り、相馬野馬追祭の動画配信をされていたご縁から、今回のご縁に繋がり、トモプロの2現場同時ライブ配信を受けてくださることになりました。


事前に小高の浮舟会館と、東京の事務所をつないでの配信テストを行い、そこでは音も動画も遅れがなく、うまく繋がりあったのですが。。。。

実際に9/19の日には小高と、杉並の座・高円寺は音も動画も、リハーサルで繋がらなくなりました。

電波の状況からか、テストでやったときとは全く状況が違い、リハーサルでは、南相馬からの音も動画も杉並には届かず、同じ音で踊るはずの杉組は、ほとんど無音の状態で、手拍子で、自分たちがアカペラで歌いながら、リハーサルを続けました。


このまま本番、どうしたらいいんだろう。


本番1時間前まで状況は変わらず、繋がっているのは、配信回線とは別につないだZOOMの回線のみ。

かろうじて繋がっているZOOMの回線を、浮舟会館も座・高円寺もプロジェクターで壁に映し出し、ガビガビのお互いの映像と、1秒以上遅れてくる相手の声を聞くことができました。

本番.....もしかしたら、映像も音も、南相馬から届かないかもしれない.....そんな覚悟をしての、本番でした。

「nappoさん、もしかしたら、南相馬からは音も映像も途切れてしまうかもしれません。それも覚悟しておいてください」


本番直前に言われた言葉に、私は頭の回路が止まってしまった気がしました。

しかし、本番の直前まで。この状況でどうにかして通して配信しようと、スタッフの皆さんは各所で懸命に知恵を働かせてくださいました。

できる限りのことを全てやって、少なくなってる電波の状況を改善したり、受け取ったり。

配信前。最後は、みんなを信じて、ただただ、祈るだけでした。

どうか、90分、お願いだから、走り続けてください。

そして、始まったライブ配信。

1、2、3曲と進んでゆく。 南相馬からの映像も音も、杉並に届く。

どちらも途切れることなく、双方が繋がります!

そして4曲目。

ライブ配信でしかお届けできない、南組のダンスナンバー。 Youtubeのアーカイブには残せないナンバーなので、どうしてもライブで届けたかった。 止まったり、途切れたりせずに、しっかりと流れるか。。。。


この夏に頑張ったこの子たちの姿。 ダンスが大好きでとびきりの表情で踊る、りお、リエル、のんの、の姿。 歌とは違って、全身でメッセージを放つ姿の、りな、まこと。 ダンスの楽しさを知り始めた、みつほ、りょうま。 そして、それに呼応する杉組の、あおい。 ZOOMを使って、毎週繋がりあって続けてきたピックアップクラス。


杉組のあおいは、途中、遅れて流れるZOOMの映像を見てしまい、音とダンスがずれてしまった。 けれど、途中で音に集中して持ち直す。南組のみんなは、この音に、一緒に、あおいは反応してると信じて踊り続ける。

あおいの立ち位置は、一人だけのものではなく、みんなと一緒になって完成してる。 全員で一つのステージを作り上げるナンバー。

これが300kmセッション!!!

できた!!!

これが、トモプロ!!!!


そして、そこから、音も映像も安定し始めました。 このナンバーを通して「いける!」と何故か心で感じたのです。

ライブ配信して20分くらいが経過した頃でした。




  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • iTunesの社会のアイコン
  • Googleはソーシャルアイコンを再生します

トモダチプロジェクトは東日本大震災をきっかけに南相馬で誕生した「みんなのうた」。

この1曲が繋いだ南相馬と杉並の子ども達が、歌と踊りを通じて交流を続けていくプロジェクトです。

© 2020 by Minamisoma & Suginami TOMODACHI PROJECT