ライブ配信vol.1 〜Be Here Now〜 制作秘話 No.5

アーカイブが上がるまでの2週間。全曲解説!

あのライブ配信の裏側。。。。 どんなことが起こって、どんな意味があったのか。お楽しみください♡


M-5 ふくしまちゃん 「のまたん★DANCE」「うけどん 絵描き歌」

トモプロのマスコットキャラクター「ふくしまちゃん」の登場です。

このキャラクターは、2015年、トモプロが二本松で合宿ステージを行うときに、誕生しました。

浪江町から避難されてる方の多い二本松地域で、大平体育館という場所をお借りして、 トモプロのステージを行いました。 杉並からもキャストが行き、南組、杉組で合宿をしながらのステージでした。

そこで、少しでもおじいちゃん、おばあちゃんに楽しんでいただこうと、可愛いちびっこたちに福島の名産品をかぶせて、歌ってもらうことにしました。


最初は、3体の「ふくしまちゃん」

赤べこちゃん、桃ちゃん、そして二本松の、菊ちゃん、でした。

杉組のキャスト2名と、南組キャスト1名が演じた、初代ふくしまちゃん。

トモプロソングで誕生した「のまたんDANCE」を歌いながら、頭に福島の名産をかぶった「ふくしまちゃん」達が踊りました。

会場に来てくださったおじいちゃん、おばあちゃんは、大喜び!手を叩きながら、とっても喜んでくださいました。 ステージが終わった後、満面の笑みで「ありがとうね。可愛かったよ」と 言ってくださった方もいらっしゃいました。 それを見て、トモプロの存在理由が、少し見えた気がしました。

私たちは、ただ、歌って踊るだけじゃない。 福島で頑張ってらっしゃる方々、浜通りの方々に少しでも喜んでもらったり、元気を渡すことができたら。。。

「ふくしまちゃん」は私の中で、トモプロのメッセージとしてとても大きな存在になりました。


あれから5年。 嬉しいことに、トモプロのKIDS CLASSには、たくさんのちびっこが入ってくれました。 かっこよく、可愛く踊るお兄さん、お姉さん達を見ながら、憧れて入って来てくれた子達。

そしてその子達は皆「ふくしまちゃん」を登竜門にステージに上がっていきます。


今は南組に6体、杉組に3体。合計9体の「ふくしまちゃん」

そのどれもが、杉組のキャストママの、まやさんの手作り。 毎回新しい「ふくしまちゃん」をその手で誕生させてくれて、今回も新しく「三春の滝桜ちゃん」を産んでくれました。

このキャラクターは、新しく入った南組の「ゆあちゃん」が自分でやりたいと手紙を書いてくれたもの。 小高に住む「ゆあちゃん」は三春の滝桜が大好きだそうです。 福島を代表する、名所。 そんな彼女の手紙から誕生した9体目の「ふくしまちゃん」

2月の本公演では、杉組の「りおちゃん」演じる「らーめんちゃん」も誕生。 これはイメージを具現化するのに、とても苦労しましたw

喜多方ラーメンちゃん、のイメージ。ひっくり返ったラーメンどんぶりが、可愛い金髪の女の子のように見えます。


赤べこ(会津)、桃(福島市)、菜の花(南相馬)、甲冑(南相馬)、龍(小高)、鮭(浪江)、フラ子(いわき)、ラーメン(喜多方)、滝桜(三春)

ひとつひとつに口上があり、時間をかけて誕生した「ふくしまちゃん」は私がゆっくりと福島を感じて出会ったイメージの具現化。



2月の本公演は、そんな「福島」が教えてくれた温かさや、たおやかさ、優しさを、杉並の座・高円寺から発信したかった。 そんな準備をしていました。

今回の本公演の影の主役は、「ふくしまちゃん」だったのです。

9体が揃って、豊かな福島を紹介して回る。。。 チビちゃん達が、主役のお話しでした。

東京で見せたかった「ふくしまちゃん」 今回、こうやって世界中に発信できたことは、とても嬉しいのです。

ライブ配信のすごさを、ここでも感じました。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • iTunesの社会のアイコン
  • Googleはソーシャルアイコンを再生します

トモダチプロジェクトは東日本大震災をきっかけに南相馬で誕生した「みんなのうた」。

この1曲が繋いだ南相馬と杉並の子ども達が、歌と踊りを通じて交流を続けていくプロジェクトです。

© 2020 by Minamisoma & Suginami TOMODACHI PROJECT